赤物と青物 "Akamono" and "Aomono"

酉の市の飾り熊手には大きく分けて「赤物」と「青物」の2種類があります。

熊手を飾る差物(縁起物たち)が珊瑚や唐辛子など、全体に赤っぽいものが赤物、松などの青っぽいものが青物と呼ばれています。

とはいえ、実際は見た目の色で呼び分けているわけではなく、作り方で区別されているのです。

「赤物」と呼ばれるものは、伝統的な手作り熊手で、差物はすべて、厚紙に彩色を施した手作業によるものとなっています。
現在、赤物を作る事ができるのは浅草「よし田」のみとなっているそうです。

「青物」と呼ばれるものは現在主流を占めている量産型熊手です。手作業の差物を使った赤物と違い、青物は完成している差物を熊手製作者が購入し、組み立てていくものです。…というとなんだか味気ない気がしますが、それゆえの派手さやバラエティに富んだ熊手が増えて、酉の市を賑わせていたりもしています。

で、N山の熊手はどっちなのかと聞かれたら…手作りだから赤のような、とはいえ量産してるから青のような。
紫物!といったところでしょうか。

There are two kinds of Lucky rakes, "Akamono(red objects)" and "Aomono(blue objects)".

What is called "Akamono" is a traditional handmade rake, all the differences are made by manual work that painted cardboard.

What is called "Aomono" is a mass production type rake currently occupying mainstream.

The rash which is rich in variety and rich variety unique to "Aomono" has increased, and rake fair is also crowded.

So, if you are asked which is "Nyama rake" ...like handmade "Akamono(red)", but I am mass-producing, so it looks like "Aomono(blue)". Purple! What a place, such as.

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

N山ひげすけ(Higesuke)

カラフルな熊手をおつくりしています。 I make a colorful Lucky rake.

更新日:

Copyright© 熊手芸術家 N山の熊手 Lucky Rake artist "Nyama" , 2018 All Rights Reserved.